おはようございます。「だいち」です。

一昨日は今年度の国民年金保険料を納付しました。
今まで毎月の給料から天引きされていたものにもう1つ、健康保険料(介護保険料を含む)があります。

退職後は、2年間のみ任意継続で従来加入していた健康保険を続けるか、新たに居住地の国民健康保険に加入するか選択する必要があります。

在職中の今年3月に、退職手続きを進める中で、任意継続希望の有無を確認されました。
その時点では任意継続と国民健康保険でどちらが金額的に安いのか、はっきりと計算したわけではなかったのですが、一般的には退職直後の年は任意継続の方が安いと聞いていましたので、任意継続を選択しました。

任意継続の健康保険料は年額約53万円で、退職前の3月中に一括納付する必要があったので、保険料の決定通知を受領して、直ぐに銀行振込で納付しました。

退職前には、時間的にも心理的にも余裕がなくて、任意継続と国民健康保険の保険料を比較することはできなかったのですが、退職後、若干余裕もできたので比較してみました。

国民健康保険料は居住地の市役所のホームページで、年齢区分と所得を入力すると概算額が表示されるサービスがあり、前年度の源泉徴収票を参考に入力すると、年額約64万円でした。

やはり任意継続の方が、約11万円安いことになります。それに、任意継続の場合、在職時と同等の福利厚生サービスを受けることができるのもお得です。

いずれにしても、在職中は雇用主が半額を負担してくれていたものが、全額自己負担になったので、結構負担になる金額です。

ちなみに、国民健康保険の場合の来年度分を試算してみました。
今年の収入は、1月から3月までに給料に加えて、少し不動産収入がありますので、それらを基に試算してみたところ、来年度は約9万円になる見込みです。

任意継続は今年と同額なので、来年度は国民健康保険を選ぶことになりそうです。