おはようございます。「だいち」です。

銀行の定期預金金利が0.01%なんていうのを見ると、振り込まれた退職金をどうするか迷います。
堅実に定期預金に入れておくか、投資信託、J-REITもしくは個別株で少し冒険してみるか・・・。
他の方のブログで配当金生活をされている様子を見ると、気持ちは投資の方に引っ張られそうです。

そんな中、荻原博子さんの「投資なんか、おやめなさい」(新潮新書)を読んでみました。
内容的には、老後の資金不足の不安からよくわからない投資なんかやったら、手数料ビジネスにシフトしている銀行や保険会社、証券会社のいいカモになるだけですよ、というある程度想像した内容でした。
しかし、今の僕の気持ちをクールダウンさせるにはよい本でした。

中でも、なるほどと思ったのが、去年10000円のものが今年9500円になるデフレになれば、実質的に5%の金利がついたようなものとの考えです。
その考え方を応用すると、日々の買い物でも5%OFFなんかを上手く使えば、実質的に投資で5%の配当をもらうのと同じだとも考えられます。

今まで、家電のようにある程度値段の張るものは、慎重に値段を比較したりしていたのですが、金額の小さい日用品などはあまり気にしていませんでした。
逆に、数円、数十円の差であちこちの店を回るような節約を小馬鹿にする気持ちも若干ありました。
しかし、年間の生活費が数百万円であることを考えると、その金額を投資した結果の配当と考えることもでき、投資と同じような目線で考えていきたいと思います。

早速ですが、昨日5月18日は、近所にある西友のセゾンカード利用で5%OFFの日と、イトーヨーカドーのハッピーデーだったので、それぞれの店で必要なものを買いました。
そこで無駄なものまで買ってしまうと、結局はスーパーのいいカモになるだけなんですが。