おはようございます。「だいち」です。

僕は今年3月末で早期退職しました。
3月までは単身赴任をしていたので、退職後、自宅に戻るために引越しが必要でした。

今年の春も、「引越難民」という言葉が飛び交うぐらい、引越しは大変で、転勤や定年退職で引越しをする同僚の情報では、単身でも50万を超えるような見積もりで、それでも受けてもらえればましで、引き受けてくれる業者もなかなか見つからなかったそうです。

僕の場合は、自宅に戻るだけで、もう今後単身赴任もありえないので、売れるものはメルカリで売って、同僚にもらってもらえるものはもらってもらい、残りは捨てました。

衣類や身の回りのものは、自宅に戻ってからも必要なので、宅急便で送りました。
全部で5箱だったので、1万円以下で引越しが済んだことになります。

衣類で悩んだのがスーツです。
仕事の時はスーツを着る必要があったので、単身赴任先に5着スーツを持って行っていました。

退職してしまえば、スーツは1着もあれば十分です。
それに、持って帰る宅急便代もかかる、クリーニング代もかかる、保管のスペースもいるし・・・。

しかし、決して高級品ではないスーツですが、また働くことになって、数着買い直しとなれば、十数万円かかるし、もったいないという気持ちがあって、捨てられませんでした。

もうスーツを着るような仕事はしないと決めて、自ら早期退職したのに、こんなところで心の迷いが出てしまいました。

結局、段ボール1箱増やして、スーツを持って帰ってきました。
妻からは案の定、「もういらないのに持って帰ってきたの。」と言われました。