おはようございます。「だいち」です。

アーリーリタイア願望が自分の中でいつ頃芽生えたのか、今となってははっきりしません。
しかし、既に30代中頃には、仕事や人間関係で悩んだ時に、仕事を辞めて自由になる妄想をしながら現実逃避していたと思います。

それは、ジャンボ宝くじが当たったらどうしようと妄想するような、全く現実味のない、自分でも無理とわかっている、一過性のものでした。
まだ多額の住宅ローンが残っていて、子供の教育費もこれからたくさんかかる時期で、資産があるわけでもなく、当然ながら、とてもアーリーリタイアなんてできる状況ではありませんでした。

40代に入った頃、仕事の責任が以前より重くなったり、転勤があったりで、アーリーリタイア願望が更にアップしてきました。
それでも、現実としては、経済的な目処もなく、自分の心の中で思うだけ、何も行動もおこさず、ただの妄想でした。

まさしく、アーリーリタイア願望の妄想期でした。