おはようございます。「だいち」です。

アーリーリタイア実行に向けては、いくつかのハードルがありました。

1つ目は、経済的にアーリーリタイア後の生活が成り立つかどうかということです。
しかし、これは数字で白黒がはっきりします。

ライフプランシートを作成して、ひたすらシミュレーションをして、大丈夫か否かを自分で判断するだけなので、そんなに高くは感じませんでした。
自分が本当に不安を感じないか、妻を納得されられるかだけを考えていました。

40代も終わりに近づき、住宅ローンが終わり、やがて子供の学費も終わって、徐々に貯蓄額も増えてきました。
ライフプランシートも毎年の予想と結果を見ると精度もまあまあで、大はずれではありません。
ライフプランシートの精度を上げるために、将来受け取る年金額や退職金の計算方法も勉強したりしました。

それでも、他に何か見落としていること、今は気づけていない老後の費用などがあるのではという不安がないわけではありません。しかし、自然災害や事故、極端なインフレまで考え出すときりがありません。
アーリーリタイア実行に移す時点では、1つ目のハードルはクリアできるだろうと思っていました。