おはようございます。「だいち」です。

何とか妻の同意を取りつけたので、さらに前へ進めるためには、上司に退職の意志を申し出なければなりません。

直属の上司には昨年12月上旬に申し出ました。
そろそろ翌年度の人事計画も始まる時期で、年度末で退職するにはぎりぎりのタイミングでした。

しかし、いつもどおり普通に仕事をしている中で、上司に申し出るタイミングを計るのに迷いながら数日が経ってしまいました。
上司はどんな反応をするだろうか、何か不満があるととられないか、自分の考えを理解してくれるか、いろいろな思いがグルグル回りながら、どのように説明しようか、どのタイミングで切り出すか、そんなことを考えながら時間が過ぎていきました。

結局は上司の周りに人がいない時を見計らって、ちょっと相談したいことがあるので時間をいただきたいと伝え、会議室で退職の意志を伝えました。

唐突な話に、上司は最初驚いていましたが、僕の考えに耳を傾けてくれました。
せっかく順調にキャリアを積んでいるのにもったいないと言われましたが、そういう生き方も理解できると言ってくれ、正直うらやましいとも言っていました。

その後、上司から人事や総務に話がいき、 何度か面談もあり、慰留のための転勤話をいただいたりしましたが、僕の意志はかわりませんでした。

上司に申し出た日の夜、単身赴任先から妻に電話して、退職を申し出たことを伝えました。
やっと上司への申し出という大きなハードルを越えたという気持ちと、なぜか退職が自分のことと思えない不思議な感覚でした。

とにかく、アーリーリタイアに向けたハードルは何とかクリアし、リタイアに向けて、現実が動き出しました。