おはようございます。「だいち」です。

我が家では毎日家計簿をつけています。それを月単位、年単位でまとめています。
昨年1年間の総支出を100%として、各項目の支出構成は次のような感じでした。

食費   12.4%
教育費  16.5%
交通費   3.8%
医療費   0.9%
日用品費  1.5%
通信費   2.7%
光熱水費  3.2%
住居費  22.7%
保険料  11.5%
その他  24.8%

こうして見ると、食費、教育費、住居費、保険料が大きな割合を占めています。
家計の見直しをするとしたら、このあたりを見直す必要があります。

食費は自分でも意外に大きいと思ったのですが、特に外食が多いわけではありません。

教育費は2番目の子供の大学院学費です。これも今年で終わりなので、来年で一気になくなります。

住居費も見直したい項目です。来春から夫婦2人の生活になり、2人には大きすぎる家なので、来春までに引越して、家賃を下げたいと思います。

保険料も第1弾として、生命保険の特約を解約しましたが、JAの生命共済も見直すことで大幅にカットできるはずです。
反対に今年からは僕の健康保険と国民年金の保険料が増加します。

その他の項目も結構大きな割合ですが、これは我が家の家計簿のつけ方が大雑把なため、僕の単身赴任の生活費や両方の実家へのお年玉など、ちょっと大きめの出費が含まれてしまっています。