おはようございます。「だいち」です。

2泊3日で岡山旅行に行ってきました。
今年3月末に早期退職してからは初めての旅行でした。

仕事をしていた時にも年に何回かは旅行に出かけていました。
僕にとって旅行は心から楽しみと思える行事の1つでした。
その楽しみを数ヶ月毎に計画することで、仕事で嫌なことや面倒なことがあっても、これを乗り切れば楽しみの旅行に行けると自分に言い聞かせていました。

そんな楽しみな旅行も、これまでは仕事の状況に左右されていました。
予定通り休みがとれるかとの問題あるのですが、どうしても仕事で問題を抱えていたりすると、旅行中もそのことが心のどこかに引っかかったままで、心の底から楽しめませんでした。
それは単に僕の性格によるものでしょうが、僕には仕事というものがプライベートにも大きな影響を与えていました。

交通機関や宿の予約は、早めに1ヶ月とか数週間前にしていましたが、予約する時に、実際に旅行に行く頃には仕事の状況はどうなっているだろうか、自分は旅行を楽しめる気分だろうか、何てことをいつも考えていました。

管理職になってからのここ数年は、旅行中でも携帯に連絡があることも多く、レンタカーを路肩に止めたり、食事中に席を立ったりという記憶が今も思い出されます。
そんな時は一気に日常に引き戻されて、旅行気分は台無しで怒りにも似た感情が湧いていました。

今回の旅行では、気分的にも仕事に引きずられることなく、携帯が鳴ることもなく、次の日からの仕事のことも考えなくてよいので、その場その場の景色、食事などを心から楽しめました。

一昨年、香川旅行に行って、四国側から瀬戸大橋を見た時には、1年半後に自分がアーリーリタイアを本当に実行しているとは思っていませんでしたが、今回の旅行で、本州側の鷲羽山山頂から瀬戸大橋を見ながら、いろいろ失ったものも、これから失うものもあるんだろうけど、リタイアして本当によかったと思えました。