こんばんは。「だいち」です。

約10年前に僕の電車通勤と子供たちの電車通学の利便性を考えて、持ち家の一戸建てから今の住まいである駅近の賃貸マンションに引越しました。
なので、今も賃貸住宅暮らしを続けています。

上の子は数年前に就職で家を離れ、下の子も来年4月には就職で家を離れる予定なので、そろそろ夫婦2人になった時の住まいをどうするか考えなければいけません。

今の家に不満はないのですが、4人暮らしでも広すぎるくらいだったので、夫婦2人には広すぎて、家賃がもったいない気がしています。
今後の生活費を考えると、大きな割合を占める住宅費はなるべく節約しておきたいです。

そこで、悩んでいるポイントの1つが、引越し先を検討する上で、このまま賃貸生活を継続するのか、購入するかです。

今の気持ちとしては、僕はずっと賃貸でいきたいと思っています。
僕は昔から不動産情報を見るのが好きで、次はどんなところへ住もうかと妄想するのが大好きです。
持ち家を持つことに憧れていた時期もあり、実際に一戸建ても購入しましたが、今は不動産に縛られたくない気持ちの方が強いです。

また、ご近所トラブルの話なんかを聞くと、やはり購入によって住む場所が固定され、すぐに動けないのは1つのリスクですし、最近は自然災害も多く、住宅修繕費は多額になる場合も多いので、突発的な出費でリタイア資産を大きく減らすリスクもあります。

反面、今の年齢ではまだいいとしても、賃貸暮らしでは、高齢となった時に住宅を貸してもらえなくなるリスクもあります。
これからは住宅が余って、空き家も増えるので、高齢者でも家を借りるのに苦労しないという意見もよく聞きますが、僕はその意見に疑問を持っています。

僕も家を貸している大家の立場なので、高齢者に家を貸した場合の事故や孤独死のリスクをどうしても考えてしまいます。

最近は事件、事故、孤独死が発生した事故物件の情報サイトもあるくらいなので、1度事故が発生してしまうと永遠にその情報は消えません。
資産を大きく毀損するリスクを避けたいのは、大家として自然な気持ちだと思います。

我が家の近所にも孤独死が発生した古いアパートがあったのですが、そのアパートが取り壊されて、新築戸建が2棟建ちましたが、半年経っても2棟とも売れていません。
売れない本当の理由はわかりませんが、事故物件サイトは有名になっているので、僕が家を探す立場であれば、当然ターゲットの不動産は調べると思います。

なので、いくら家余りの世の中となっても、高齢になると、自分達が借りたいと思うような良質な住宅は貸してもらえないのではないかと思っています。

あと、いくら資産があっても、毎月の安定した収入がない人間には貸してもらえないのではないかという不安もあります。

僕は20代の頃に一戸建てを購入し、現在はそれを賃貸に出しています。
もし今住んでいる方が退去されたなら、選択肢の1つとして、元自宅に戻ることもありかなと思っていますが、いつになるか予想できないので、選択肢にはしづらいです。

定年にしろ、アーリーリタイアにしろ、リタイア後は自宅で過ごす時間が長くなります。
リタイア後の生活をいかに快適に過ごすか、心安らかに過ごせるか、住まい選びに大きく影響されます。
せっかく仕事をリタイアしたのに、家やご近所のことで、心が乱される毎日では元も子もありません。

「持ち家vs賃貸どっちがお得」論争には答えがでませんが、リタイア後の住まいとして、どちらが適しているのかも答えはでないと思います。
とりあえず今は、賃貸の方向で毎日不動産情報サイトを見ながら、いい物件がないかと探しています。