おはようございます。「だいち」です。

リタイア後、フリマアプリのメルカリを利用して、自宅にある不用品をせっせと処分しています。
元々お金を出して買ったものを売っているので、儲かるということはないと思いますが、それでもゴミになるよりは、誰かに使ってもらって、多少でも値段がつくと嬉しいものです。

以前は、オークションサイトのヤフーオークション、通称ヤフオクも利用していましたが、メルカリを使い出すと、その手軽さですっかりメルカリ派になってしまいました。

ヤフオクはヤフオクで、思わぬ高値がつく場合があって、別な楽しみがあるのですが、たまに最近のヤフオクを覗いてみると、業者出品が多いような気がして、昔のようにあまりワクワクしなくなってしまいました。あくまで個人的な感想ですが・・・。

リタイア後はたっぷり時間があるので、自宅の中で不用品を見つけると、電化製品から雑誌までいろいろと出品しています。
とりあえず、出品しておくと忘れた頃に売れていくものもあります。
2~3日に1つは売れている感じです。

僕の以前の仕事では、自分の仕事が直接利益として目に見える形になることはなかったので、ものが売れて、わずか数百円、数十円であっても、その利益が目に見えるのは嬉しいです。

ちょっと大げさかもしれませんが、商売の一連の流れを一人で経験できている気がしています。

まずは、その商品に需要があるか、いくら位が相場か、経費を考えて利益がでるか、他の出品物や売れた実績を見て、市場調査を行います。

ある程度利益が見込めると判断したら、写真を撮って、説明文を考えて、価格を決めて、出品します。

写真は素人っぽさを残しながら、きれいに清潔感が出るように考えて撮影します。
価格は他の出品を見ながら、時には値引きを見越して高めに、時にはちょっとお得感を出します。

出品が完了しても、問い合わせの質問や値引き交渉が来ます。
経験上、質問や値引き交渉に迅速に対応すればするほど売れる確率が高くなります。
これはアーリーリタイア生活で時間があるメリットです。

慣れてくると、値引き交渉もダメ元なのか、値下げしなければ買わないつもりなのか、なんとなくわかるようになってきます。
僕はちょっとだけお得感を持ってもらえるように、いつも少しだけ値引きします。
販売戦略、広告戦略を練りながら、販売につなげます。

売れたら、梱包して、郵便局やコンビニまで出かけて発送です。

手数料や配送料を引かれると、手間の割りに儲けはわずかですが、少し仕事っぽいことをやって、家族以外とコミュニケーションを取ったり、外出するきっかけにもなり、 アーリーリタイア後のたっぷりある時間を使うにはちょうどいいかもしれません。

広島県尾道市の千光寺公園頂上展望台からの景色