こんにちは。「だいち」です。
すみません。リタイアとはあまり関係ない話です。

僕は車を手放し、今は所有していませんので、必要な時はレンタカーやカーシェアリングを利用しています。

一時期、ニュースで煽り運転や高齢者による事故が繰り返し放送され、運転をする時に身を守るために、保険だけでなく、ドライブレコーダーが必要と思っていました。

でも、まだレンタカーやカーシェアリングの車にはドライブレコーダーがあまり搭載されていません。

なので、5月に長距離を運転する機会があったので、この機会にと思い、ドライブレコーダーを購入しました。

とは言っても、たまにしか使わないものに数万円の出費は痛い気持ちもあって、ネットで調べた中国製の格安ドライブレコーダーを購入しました。

ネットの評判はまあまあ良い感じだったのと、SDカードを足しても5000円を切る値段なので、ダメ元と思って、↓このAPEMAN C450を買ってみました。

【進化版】APEMAN ドライブレコーダー 1080P Full HD 1200万画素 3.0インチ液晶 170度広角 G-センサー 常時録画 高速起動 WDR F1.8大口径 LED信号機対応ドラレコ 1年保証

新品価格
¥3,598から
(2019/8/3 14:31時点)

本体と付属の吸盤

本体はクレジットカードサイズより少し小さい感じで軽いです。
フロントガラスには付属の吸盤でつけるので、僕のようにレンタカーで取り外しを頻繁に行うには好都合です。

右側側面
左側側面

本体の左右側面に、電源ボタンと操作ボタンが配置されています。マイクロSDカードの挿入口も側面にあります。
このボタン操作はわかりづらいですが、説明書を見ながら一度セットしてしまえば、オレンジの電源ボタン以外は使うことはなさそうです。

付属のシガレットプラグケーブル

電源は車載のシガレットプラグに付属のケーブルを挿して使いますが、内臓バッテリもありますので、エンジンを切った後も保存処理はレコーダー本体のみで可能です。
ケーブルは3m以上の長さがあります。

3インチの液晶画面

画面はしばらくするとスリープに入って消えますが、左のランプが点灯していれば録画はされています。最初はすぐに消えるので故障かと勘違いしました。

フロントガラスに装着したところ

本体を助手席寄りのフロントガラスに装着して、ケーブルはサンバイザーを通して、助手席側のドア横に垂らして、助手席前にあるシガレットプラグに挿しました。
なので、ケーブルを気にすることなく運転できました。
一番気になった吸盤ですが、意外としっかりしていて、3日間のドライブで1度も外れることなく結構強力でした。

初めて買ったドライブレコーダーなので、画質の良し悪しは判断しづらいのですが、僕は値段の割には十分合格点だと思います。
↓動画はこんな感じです。

32GBのマイクロSDカードに、5分間のmovファイルが40個保存されていましたので、最大200分の動画を消去しながら繰り返し保存されているようです。
販売サイトの説明による、衝撃をセンサーが察知したファイルは消去されずに保存されるようです。

画質の方ですが、看板や案内標識は難なく判別できました。
静止画に変換すると少し見づらいですが、ナンバープレートも大きな数字は読み取れます。
動画のままだともう少し見やすいかもしれません。

車は便利なんですが、リスクもあります。
5000円未満の出費で、少しでもリスクを減らせるのであれば、よい買い物かもしれません。