おはようございます。「だいち」です。

僕が早期退職して収入が減った分、なるべく無駄な出費は抑える必要があります。
今年3月にリタイアしてから、加入していた民間生命保険の見直しを行い、終身保険部分以外は全て解約し、月1万円の節約になりました。

他にも住居費も見直す余地があるのですが、もう少し今後のライフスタイルを考える必要があると思い、まだ実行に移せていません。

今回はちょうど2年契約のフレッツ光の更新月ということもあり、通信費の見直しを実行しました。

我が家の通信費は、インターネット回線用のNTTフレッツ光、電話回線のひかり電話、インターネットのプロバイダ、僕と妻のdocomo携帯電話、子供のスマホ用に格安SIM、僕と妻用の格安SIMの費用です。

家族全員あまり通話はしないので、料金はほぼ毎月基本料金に近い額で収まっています。
合計で、毎月15000~17000円位の金額です。

今回はまず、インターネット回線と電話回線を転用という形で、NTTフレッツ光からSonet光プラスに変更しました。
変更と言っても、全ての手続きをインターネット上で行うだけで、工事等は発生しません。
転用先はたくさんあるのですが、今使っているプロバイダがSonetなので、手続きが簡単なのと、費用もまあまあ安いのでSonetのプランにしました。

この見直しで、今までNTTにフレッツ光、ひかり電話、ナンバーディスプレイや無料通話がセットになった付加サービスのひかり電話Aの合計5510円(税込)、プロバイダであるSonetに972円(税込)、合計6482円を毎月払っていたところ、Sonet光プラスと光電話で合計4298円になります。

切り替え後のネットの速度がどうなるかはこれからですが、電話のオプションも含めて、全く同等のサービスで、2184円節約できたことになります。

あと、この機会に実質迷惑電話受信専用端末となってしまっている固定電話をやめてしまおうかと思ったのですが、キャンペーンで1年間500円引きに釣られたのと、妻が電話代を気にせず実家と長話するには必要かもと思い、固定電話廃止は少し先送りしました。