おはようございます。「だいち」です。

遅れていた住民税の納付書が届きました。
これでリタイア1年目の三大出費である健康保険料、国民年金保険料、住民税が出揃いました。

市民税と都道府県民税を合わせた住民税の年額は約66万円でした。
これを3回に分けて納付しなければなりません。結構痛い出費です。

今年3月まで住んでいた単身赴任先の市のホームページには、収入が著しく減少した場合、減免申請ができる場合があると掲載されていました。
しかし、どれくらい減少すれば減免が適用されるのか、他に条件があるのか等、詳しい条件は記載されていません。

ネットで調べてみましたが、住民税の減免の判断は市町村によってまちまちで、退職理由が条件であったり、前年の所得を条件とする市町村が多いようです。

やはり納税先の市役所に聞いてみるしかないと思い、市役所の税務課に電話をして聞いてみました。

結果としては、僕が単身赴任していた市では前年の所得600万円が減免申請可否の境になっているようで、減免申請はできませんでした。

所得ではじかれてしまったので、他の条件は聞きませんでしたが、最初に退職理由も聞かれたので、自己都合等の退職ではだめなのかも知れません。
元々払うべき税金なので、一応自分で確認したことで納得して納税できます。

これで、住民税66万円、任意継続の健康保険料53万円、国民年金保険料19.4万円の合計138.4万円をこの1年で支払うことになります。

ある程度覚悟していた出費ですが、無収入になってみると痛い出費ではあります。