おはようございます。「だいち」です。

僕は今年3月に自己都合退職ということで早期退職しましたので、元の勤め先とは縁が切れたことになります。
しかし、組織と縁が切れたといっても、そこにいる何十年も一緒に働いた人達とはバッサリ切れるわけではありません。

そんな人達の中でも、いくつかのタイプに分かれます。
1つは、今後もずっと関係が続くであろう人です。
例えば、同期や仕事を離れても付き合いもあった人達です。

もう1つは、当面は関係が続くであろう人です。
今も時々、退職後の生活を心配して連絡をくれる元上司、飲みに誘ってくれる同僚、近況を知らせてくれる後輩がいます。
ありがたいことではありますが、それもいずれは疎遠になっていくのかなと思っています。

最後は、仕事の関係が切れれば、バッサリと縁が切れる人です。
残念ながら、ほとんどはこうなってしまうのかもしれません。僕の場合もそういう人が多いです。

あえてもう1つ付け加えると、こちらからサッサと縁を切りたい人です。
リタイアして、こういう人と付き合わなくていいのは最大のメリットです。

なぜこんなことを突然考えたかというと、通信費の見直しで携帯電話をどうしようかと考えた時に、携帯電話も格安SIMに変更すれば月数百円安くなるのですが、そうすると今までの携帯キャリアのメールアドレスが使えなくなるため、新しいアドレスを知り合いにお知らせしなければいけません。

そうなると、元の勤め先の人達の誰に知らせるべきなのか悩みます。
こちらは必要と思って知らせても「もう辞めたお前に用はないよ。」と思われるかもしれないし、知らせずに突然メールが通じなくなると「何だよ辞めたとたん、アドレスまで変えやがって。」となるかもしれないし。

いろんな人の顔を思い浮かべながら、この人はどうだろうと考えていると、段々面倒になってきて、月数百円のためにアホらしいと思ってしまい、結局携帯電話は今のまま使い続けることにしました。

でも、1年2年経てば、そのあたりの区切りははっきりしてくるのかもしれません。