こんにちは。「だいち」です。

あるビジネス雑誌をパラパラ見ていたら、「貯金をする人は金持ちになれない」というコラムが目にとまりました。

かなり大雑把に話を省略すると、1億円の貯金があって、月収10万支出10万よりも、貯金なし月収100万支出100万の方が豊かな人生を送れる。
貯金なんかするよりも、お金は自己投資や人脈を広げるために全部使った方が、より稼げる人になれるという話です。

僕も名前くらいは知っている多くの啓発本を書かれている著名な方が書かれたコラムなのですが、今ひとつ僕の心には響きません。

僕はやはり1億円の貯金がある方がいいです。(実際はそんなにないですけど・・・。)
いつ途絶えるかわからない月収100万円、他人の気持ち一つで途絶えるかもしれない収入よりも、自分の判断でいつでも使える1億円の方が僕は幸せに感じます。

1億円の貯金があれば、多くのサラリーマンは死ぬほどサービス残業する必要もなく、老人を騙してセールスする必要もなく、家族と離れて暮らすこともなく、自分の気持ちや良心に正直に生きられると思うのです。

でも、月○○万円の収入が途絶えることに怯えて、いろいろな理不尽に耐えているのが現実だと思います。

なので、平凡なサラリーマンは大金持ちになれなくても、少しでも貯金を増やして、耐え切れない理不尽に遭遇した時、その理不尽から逃げ出せる準備をするのが賢明ではないかと僕は思っています。