おはようございます。「だいち」です。

今年3月に早期退職し、アーリーリタイア生活も間もなく5ヶ月になります。
今の生活に全く迷いがないわけではありませんが、仕事をしていた時に比べればストレスもなく、幸せな毎日です。

なぜこんなにストレスを感じなくなったのだろうと考えてみたのですが、僕が思う一番の理由は、他人からの評価を受けなくなった、他人からの評価を気にしなくてよくなったからだと思います。

学生にしろ、社会人にしろ、集団の中で生きていると、必ず他人からの評価にさらされます。
他人の評価なんて気にするなという意見もあると思いますが、僕は弱いので自分に対する評価が非常に気になってしまいます。

社会人になり仕事をしていると、公けに上司からの人事評価もありますし、上司以外の同僚、部下、取引先からも、仕事の能力だけでなく、人格まで常に評価されています。

特に転勤直後などは、慣れない環境の中で、周囲から集中的に見られている気分で、最初の評価や印象が後々の仕事のしやすさに響いてきます。
そのストレスは若い頃であろうが、管理職になろうが変わりませんでした。

少し話が変わりますが、僕が苦手なタイプの人は、常に他人の評価を口にする人です。
仕事を離れて飲みに行っても、あの人はできるとか、あいつは駄目だとか、他人を評価する話題が好きな人がいますが、きっとこの人は僕がいない場所では、同じように僕のことを言っているんだろうなと、嫌な気分になります。
そんなタイプの人は上司、部下、先輩、後輩にかかわらず苦手です。

でも、アーリーリタイア生活では他人と関わることがないので、他人から評価されることもなく、他人を評価することもありません。
他人から駄目だしされることもない代わりに、誉められることもないので、人によっては張り合いがなくて、こんな生活が逆にストレスかもしれませんが、僕にとってはストレスフリーで幸せな生活です。