おはようございます。「だいち」です。

僕は今年3月に50歳で「アーリーリタイア」したと自分では思っています。
自分では思っているというのは、周囲からは単に「ドロップアウト」したとの評価も受けるだろうと想像しているからです。

妻と子供、僕と妻の両親や兄弟、本当に近い身内にしかリタイアしたことは知らせていません。
それ以外の親戚は未だに僕が仕事を辞めたことは知らず、今も単身赴任先で働いていると思っています。

親戚に知らせないのは、わざわざ知らせる必要がないのもありますが、親戚にお金の話、仕事や家族に対する僕の考え方を詳細に話すわけにもいかず、きっとリストラされたとか、仕事で何かやらかして辞めさせられたとか、心身を病んだとかで、「ドロップアウト」したと思われるのを恐れているからです。

「十分生活できそうなので、アーリーリタイアしました。」なんて言おうもんなら、「働き盛りの健康な男が何を寝ぼけたことを言っているんだ。」と叱られる気もします。

まあ親戚の反応は置いておくとしても、世間からも「ドロップアウト」との評価を受ける可能性の方が高い気はしています。

それでも、自分は「ドロップアウト」したんじゃなくて、自分の意志で、準備万端の上「アーリーリタイア」したんだと思い込みたい気持ちがあります。

通常の定年よりも10年働きが少ないですが、親が喜ぶような勤め先で30年近く働き、まあまあ出世もしました。
結婚して、家も建て、2人の子供も大学まで出し、 夫婦2人安心して老後を迎えられる資金も自分たちの稼ぎだけで蓄え 、人並みなことは全てやったつもりです。
もちろん、全て妻が一緒に働いてくれたお陰ですが・・・。

でも、世間からすれば、平凡なサラリーマンが早期退職すると、「ドロップアウト」した無職男に映ってしまうんでしょうね。