おはようございます。「だいち」です。

我が家は妻がフルタイムで働いていて、僕がリタイアするまでは共働きでやってきました。
子育てをしながらの共働きは大変な面も多かったですが、子育てが終わった今になってみると、気持ちの面でも、経済的な面でも共働きを続けて良かったと思っています。

共働き家庭の家計ですが、大きく分けると2つのタイプがあって、1つはお互いの収入を全部出し合って、分けずに管理する財布1つタイプ、もう1つは必要な支出の分担を決めて、それぞれの収入から自分の分担分を出して、残りは自分で管理する財布2つタイプです。

我が家は前者で、分けずに管理する財布1つタイプです。
特に相談して決めたわけでも、こっちがいいと選択したわけでもないのですが、結婚後自然とそうなっていました。

なので、当然お互いの収入も全部知っていますし、どの支払を誰がというのもありません。
通帳の名義はともかく、どの貯金が誰のものという色分けもしていません。

妻の妹である義妹が結婚した時に、その話を聞かれて、特に分けてなくて財布は1つと答えると、自分のお金がないと不安ではないのかと不思議がられましたが、僕も妻も特に不安とは思っていませんでした。

元の職場でも、そんな話が出ることがありましたが、最近の共働き家庭は財布を分けるタイプが多かったような気がします。

僕は分けない派なので、逆に家計の全体が見えなくなって、お互い不安じゃないのかと思うのですが、人それぞれなんでしょうね。

よく家計相談や家計診断の記事で見かけるのは、財布を分けている共働き家庭が陥りやすい罠として、お互いの貯蓄状況がわからず、気づいたらお互いに貯金していなくて、せっかく高収入家庭なのに、貯金が全くないという状況がよく発生するようです。

どちらが良い悪いはないとは思いますが、1つの財布の方が夫婦で小さな商店を経営しているようで一体感があると思うのですが、分ける派の人は離婚になったらどうしようとか考えてしまうのでしょうか。

でも、少なくとも夫婦の財布が別れていたら、奥さんにアーリーリタイアの相談はしにくいし、許しでくれないでしょうね。