おはようございます。「だいち」です。

アーリーリタイアを計画し、ライフプランシートを作成する上で、過去の実績から毎年かかる生活費をはじき出しました。

生活費の中には、食費や水道光熱費のように生きていく上で必須のもの以外に、旅行や遊びに使うレジャー費も計上しました。

過去の家計簿にはレジャー費と細かく分けていなかったので、どれくらい旅行に使っていたかまでは把握出来ていなかったのですが、年に2~3回の1泊もしくは2泊の国内旅行、そのうち1~2回は航空会社のマイルを使ってと想定していたので、感覚的に夫婦で20万円あれば大丈夫と思って、レジャー費は年20万円としていました。

しかし、実際にリタイアして、今年の4月から9月の半年で、既に東北、岡山、新潟と3回の旅行で、既にレジャー費予算の20万円はほぼ使いきってしまうことになります。

それで、予算がなくなったので、もう旅行は我慢とするかというと、それも難しいです。
まあ想像していたとはいえ、アーリーリタイア生活は単調なので、趣味のない僕にとって、旅行は唯一の楽しみとも言えます。

両親や義両親を見ていても、ある程度の年齢になると、健康状態のことや気分的にも、旅行に行くのが億劫になるようですし、また行ける場所にも制限が出てきます。

そんな言い訳を考えながら、まだ現状では経済的に余裕があるので、70歳になるまでの20年間分のレジャー費予算を年40万円に上げることにしました。

ライフプランシートに反映してみましたが、今のところ大きな影響はなさそうです。
妻が近々に早期退職して、年金70歳支給3割減という最悪シナリオパターンだと深刻な影響が出ますが、その時はその時で再度見直しをするつもりです。

仕事をしていた時は、時間的な制約もあって、年2~3回旅行に行ければ十分満足していましたが、実際にアーリーリタイア生活を始めてみると、旅行に行きたい願望、どっかに行きたい願望が想像以上に強くなりました。