こんにちは。「だいち」です。

昨日は台風15号通過の影響で、早朝から首都圏全域で交通が乱れ、通勤に大きな影響が出ていると報じられていました。

新潟旅行に出かけていましたが、幸い交通障害の影響に遭うこともなく無事帰宅できました。

僕は今年3月に早期退職して、アーリーリタイア生活をしていますので、通勤とは無縁の立場になりましたが、もし今も働いていたらと考えてしまいます。

多分、昨年までの自分であれば、ホテルに前泊するか、始発から並んででも、何とか出勤しようとしていたと思います。
実際にもそのような経験も何度かあります。

一歩引いて、そんな状況を見ると、1日位休めばと考えたりしますが、実際にその立場にいると、そういう時だからこその仕事もいろいろあり、なかなか簡単に休むわけにはいきませんでした。

ニュース映像では、いつ動き出すかわからない電車を改札前で待つ姿や、バスやタクシー待ちの長蛇の列が映し出されていましたが、もし今も働いていれば、自分もその多くの人々の1人に混じっていたことだと思います。

それから、もう自分には関係ないと思いつつも、このような台風や交通障害の時に、あの準備をして、あそこに調整して、誰に指示を出して、あの人に報告してと、自然と仕事をしていた時に考えたことが頭をよぎります。

多くのサラリーマンの大変な状況を目にして、今の楽な自分の状況を申し訳ないと思いつつも、大変な通勤や仕事のプレッシャーから解放された今の幸せをしみじみ感じています。

日本海の夕日