おはようございます。「だいち」です。

日経BP社から出版された山本直人さんの「50歳の衝撃」を読みました。

まだ仕事をしていた時に、本屋のビジネス書コーナーで見かけて、ちょうど節目の50歳になったこともあり、そのタイトルに目が行きましたが、結局仕事をしている間は読まずじまいになっていました。

定年までの最終コーナーを曲がった50歳前後のサラリーマンの悩みや迷い、葛藤について、具体的な事例を紹介しながら取り上げています。

どれも「自分の経験だとあれだな。あれに似ている。」と、出てくる話題は「うんうん、あるある。」と頷ける内容が多かったです。
長年サラリーマンをしていると、身の回りでも思い当たる話題が多いです。

サラリーマンの悩みに対して、ズバリこうしなさいと回答を出している本ではないので、どちらかというと、50歳前後の同じ年代はみんな同じような悩みを持っているんだなあとか、他の人はこういう視点で捉えているのかとか、こんな考え方もあるのかと、自分で考えることや気づきのきっかけになる本かもしれません。

流行りの「○○しなさい!」と言うよな命令口調の自己啓発本を期待して、明確な答えを求めて読むと、ちょっと物足りないかもしれません。

そのあたりで通販サイトのレビューでも評価が両極端に分かれているようです。

僕は説教くさくなく、読みやすくて、良い本だと思っています。
しかし、もうサラリーマンではないので、残念ながら僕には参考にできる機会はなさそうです。