おはようございます。「だいち」です。

まだ始まって1週間も経っていないので、あれこれ言う段階ではないのかもしれませんが、消費増税の緩和策で始まったキャッシュレス決済のポイント還元、ちょっと期待外れでした。

経済産業省のサイトで、我が家の近所の対象店舗を探してみましたが、使いそうな店舗は1つもありませんでした。

日々の買い物はスーパーが中心とはいえ、パン屋、八百屋、総菜屋、和菓子屋、ケーキ屋、理髪店、美容院、定食屋、ラーメン屋、焼肉屋などなど、近所の小さな店もそこそこ利用しているのですが、どこも対象店舗になっていませんでした。1つもです。

多少使う可能性があるのはコンビニですが、ポイント還元のためにスーパーで88円のジュースを160円出してコンビニで買わないので、そうは使わないと思います。

そもそも生活圏に対象店舗自体があまりないのですが、多いのは居酒屋です。
あと変わったところでは、ペットの美容室、葬儀屋、新聞販売店。

新聞って、屁理屈で強引に軽減税率適用に持ち込んでおいて、ポイント還元だけ享受するって、合法とは言えどうなんでしょうか。

でも、今回は自分の勉強不足に反省です。
キャッシュレス決済ができる中小店舗は全て対象かと思っていたら、店舗が申請していないと対象とはならないようでした。

近所の小さな店でも、もう少しキャッシュレス決済が普及するかと期待していたのですが、今のところ全く進展なしです。

冷静に考えると、いつも利用している小さな店の店主のおじさん、おばさんが、たった9ヶ月のために、○○ペイとかやらないですよね。