こんばんは。「だいち」です。

僕は20代の結構若いうちから2つの生命保険に加入していました。
1つは就職してすぐにセールスレディに勧められるままに、大して考えもせずに契約してしまった民間の生命保険です。

もう1つは結婚してすぐに加入した農協の生命共済です。
こちらは結婚という気負いもあって、夫として妻のために保険に入るのは当然という気持ちで、自ら農協に出向き張り切って入ったものです。

その後も子供が生まれると、学資保険にも加入したので、2つの生命保険と2つの学資保険で年間にすると結構な額の保険料を払っていました。

学資保険は子供が大学を卒業し、2つとも既に終わっていますが、それでも2つの生命保険で年間約35万円の保険料です。

年間の家計支出からすると結構な出費です。
リタイア後の家計で一番見直しが必要で、一番効果的なのが生命保険だと思っていました。

既に2人の子供は成人して、大学も卒業しているので、僕に万一のことがあっても経済的に困ることはありません。
更に僕は早期退職して無収入の身になったので、万一があっても家計への大きな影響はないはずです。

入院保障もありますが、最大日数入院したとしても60万円しか給付されないので、今の資産額からすれば保険に頼る必要はありません。

なので、退職してすぐに民間生命保険の方は終身保険だけを残して、定期保険や入院保障の特約部分は解約してしまいました。

終身保険だけを残したのは、平成の初め頃に入った所謂お宝保険と呼ばれる予定利率だったので、解約するのはもったいない気持ちと、葬式代にちょうどいい金額だったからです。

もう1つの農協の生命共済はまだ手をつけていませんでしたが、先日受診したリタイア後初めての健康診断と胃がん検診で異常がなかったので、早速農協に出向いて定期部分と入院保障の解約手続きを行ってきました。
終身保険を残したのは同じ理由で、お宝保険の予定利率だからです。

2つの生命保険の見直しで、年間約35万円の保険料が約65000円に圧縮することができました。
2つとも25年以上掛けてきた保険なので、解約してすぐに万一があったらという迷いも正直あったのですが、そこは保険の原点に立ち返り、何をカバーしたいのかを考えました。

幸い子供たちが成人するまで、保険金を使うようなことも発生しなかったので、少なくとも経済的な面ではもう生命保険は必要ありません。