こんにちは。「だいち」です。

約10年前に駅近くの現在の住居に引越したのを機に車を手放しました。
ほとんど車に乗る機会もなくなり、年間30万円近くかかる維持費が馬鹿らしくなったためです。

もう1つの理由は自宅近くにカーシェアリングがあったため、どうしても車が必要になれば、気軽に借りることができると考えたからです。

実際に車を持たない生活を始めてみると、どうしても車が必要な機会はそうそうありません。
しかし、カーシェアリングの会員になっていることで、いつでも車を使える安心感はあります。
引越してきた当初は近所に2台しかなかったカーシェアリングの車も、最近では10台以上になり、休日でも予約ができないようなことはなくなりました。

家計の面でも、駐車場、保険、税金、車検と年間で約30万円かかっていた維持費と車自体の購入費が節約できることになります。
200万円の車を10年間乗ると考えると、10年で500万円の節約です。

更に保険や車検の手続き、税金の納税、メンテナンスや洗車といった車に関する煩わしい日常の手間もなくなり、時間の節約にもなります。

もちろん車が趣味といった方が我慢してまで車を手放して節約することはないと思いますが、カーシェアリングがあるような駅近に住んで車を手放すことは、家計を圧縮する有効な方法の1つであることは間違いありません。

今年3月末で早期退職し、世帯収入が大きく減ったので、なるべく支出の方も見直して、無駄な出費を削ろうと思い、必要ない生命保険と医療保険は全て解約しました。

次に大きな支出は住宅費です。
来年春には子供も巣立って、夫婦2人の生活になるので、広すぎる今の家から引越して、家賃も多少節約したいと思っていますが、駅から離れて不便な場所になり、毎日車が必要な生活に戻ってしまうと、逆に車に関する支出が増えてしまい、元も子もありません。

車は所有するのが当たり前という考えから脱却できた今となっては、カーシェアリングの位置も意識しながら住まい探しをすることで、住宅費と車両関連費のトータルで節約を考える必要があります。