こんにちは。「だいち」です。

今年3月末に早期退職して、春、夏、秋と季節が変わってきましたが、夏の猛暑の記憶も薄れてきて、まだ暖房をつけるほどではないにしても、朝方はちょっと寒く感じるようになってきました。

サラリーマン時代には出来なかったちょっと贅沢な時間の使い方の一つが朝風呂です。
暑い間はシャワーを浴びる程度で、とても朝風呂をしようとは思わなかったのですが、最近は朝起きると風呂に入って温まりたいと思うようになってきました。

我が家のお風呂は東側に窓があるので、天気のいい日に朝の光を浴びながら、湯船につかるのは気持ちがいいです。

ただお風呂につかっていると飽きてくるので、テレビを持ち込んで、録画した番組を見ています。
僕が持っているのは、パナソニックのプライベートビエラという機種で、チューナー部分とディスプレイが分かれていて、無線で接続されるので、ディスプレイをどこにでも持ち運んでみることができます。

チューナー部分にはハードディスクも内蔵しているので、レコーダーとして番組を録画再生することもできます。

バッテリー内臓で防水されているので、もちろんお風呂でも見ることができます。
浴槽の蓋にテレビを載せて、30分番組を見るのが丁度よい入浴時間です。

窓からの光が射しこむ浴室でテレビを見ながら、のんびりと朝風呂を楽しんでいると、決してサラリーマン時代にはできなかった贅沢な時間だなと思います。