こんにちは。「だいち」です。

昨日久しぶりに電車に乗って出かけました。
休日は混雑しているような所に、平日の真っ昼間に出かけるのはリタイア生活の特権のようで楽しみでもあります。

ただし、平日の朝夕は電車が混むので、ラッシュアワーを避けようと思って、朝は9時半頃電車に乗って出かけたのですが、帰りは予定よりも遅くなり、夕方のラッシュアワーになってしまいました。

リタイア前の数年は単身赴任していて、職場と住居がそんなに遠くなかったのと、あまり混まない路線だったので、ラッシュアワーでも苦痛は感じなかったのですが、リタイアして間もなく8ヶ月、久しぶりにラッシュアワーらしい電車に乗りました。

ラッシュアワーといってもまだ早い時間帯だったので、酔っ払いがいないだけましなのですが、それでもターミナル駅の始発電車待ちには人があふれていて、ドアが開くと同時に椅子取りゲームが始まります。

仕事をしていた時は毎日この椅子取りゲームに参戦していたのです。
座れるかどうかで疲労度が全然違うので、遠距離通勤のサラリーマンにとっては死活問題です。
座れれば、本を読んだり、ネットを見たり、うたた寝をしたり、それから痴漢冤罪に巻き込まれるリスクもありません。やはり死活問題です。

でもこの椅子取りゲームに毎日参戦していると、どんどん心が荒んでいくのが自分でもわかります。
他人に対して全く優しくなれないのです。

昨日は椅子取りゲームへの参戦意欲は全くなく、最初からつり革につかまれれば御の字の気持ちでした。
通勤だけを考えても、もうサラリーマンには戻れそうにありません。