こんにちは。「だいち」です。

僕が就職した頃、サラリーマンは60歳の定年まで働いて、その後は完全にリタイアして、あとは年金を貰いながらのんびり老後を過ごすものだと当然のように思っていました。
実際に当時定年を迎えた上司や先輩達はそのような道を進んでいたような記憶があります。

しかし、現在は年金が原則65歳支給となり、60歳で定年を迎えた後も再雇用や再就職で65歳まで働くことが普通になってしまいました。
近い将来は65歳が定年になり、70歳かそれ以上でも普通に働くことが求められそうな勢いです。

現在でも60歳で定年を迎えて、昔の定年退職者のように完全リタイアすることが普通ではなくなっていると感じます。
元の勤め先でも、定年を迎えた人がその後働かないと言うと、周囲が驚いていたり、余程お金があるんだろうと言っているのを目にしたことがあります。

反対に、夫婦共働きで十分に資産がありそうで、もう働かなくても十分食べていけそうな人でも、定年後も単身赴任してまでも仕事を続ける人もいます。

実際のところの資産状況もわからず、人それぞれ家族観や仕事観は異なるので、自分の価値観で良い悪いは言えませんが、僕の価値観からすると定年を過ぎてまで、家族や夫婦が離れ離れになってまで働く意味って何だろうと思ってしまいます。

普通のリタイア年齢という概念がなくなるのであれば、自分にとって何が大切か、何を優先すべきかをしっかりと考えて、自分のリタイア年齢は自分で選択するしかありません。
ただ何となく周りがまだ働いているからと流されていると、最後の最後で大きな後悔をするような気がします。

そうなると、もうアーリーリタイアという概念自体が無意味かもしれませんが。