こんにちは。「だいち」です。

先日、皇居の大嘗宮の一般参観に行ってきました。
休日は大混雑かもしれませんが、毎日が休日の身を生かして平日に行ってきました。

手荷物検査待ちの行列

平日とはいえ、たくさんの人が来られています。でも高齢者の人が多かったです。
入場は坂下門からのみになりますが、入場前に警察官による手荷物検査がありました。
検査場前は長蛇の列だったので時間がかかると思いましたが、意外とスムーズに流れました。
しかし、さすが警視庁、検査はしっかり鞄の隅々まで確認されていました。
手荷物検査の後にはボディチェックもありました。

坂下門

検査が終われば坂下門から入場です。

宮内庁庁舎

途中、宮内庁庁舎などを見ながら大嘗宮を目指して歩きました。

大嘗宮

途中写真を撮ったりしながら、のんびりと20分近く歩いたところで、テレビで見た大嘗宮の実物が見えてきました。
周囲にはたくさんの人です。

混雑はしていましたが、結構近づいて見ることができました。
ついこの間、実際にここに天皇陛下がいらっしゃり、大嘗宮の儀が行われたと思うと少し感動です。

平成の時は20代前半で全く興味を示すこともなく、参観に行こうなんて思わなかったのですが、歳をとったせいか、年齢的に次はないと思うせいか、どうしても見に行きたくなりました。
比較的空いてそうな平日に行けるというのも、出無精の僕が今回行動できた理由の一つです。

曇りの天気予報で少し雨も心配しましたが、東京に着いた頃の曇り空が大嘗宮の前に着いた時には晴天になり非常にラッキーでした。
こんな小旅行もアーリーリタイア生活にとっては貴重なイベントです。