こんばんは。「だいち」です。

今年から来年にかけての年末年始は妻の実家で過ごすことになりました。
義父の病気の具合のこともあり、既に巣立った子供達も含めて、家族全員で帰省します。

元旦には妻の兄弟姉妹家族、義父の兄弟姉妹、場合によっては義母の兄弟姉妹にも会うことになります。

正直なところ、リタイアした今、一番会いたくない存在が親戚です。

僕は今年3月末に早期退職して、今は外で働いておらず、専業主夫状態です。
僕の両親、妻の両親には、僕が早期退職する理由や今の資産状況や見通しを正直に説明して、一応は納得してもらっていると思っていますが、妻の兄弟姉妹には早期退職したことは伝わっていますが詳しい話まではしていません。

妻の兄弟姉妹の配偶者には多分伝わっているのでしょう。
妻の両親の兄弟姉妹に至っては知っているのかどうかも不明です。

親戚と顔を合わせても、なるべく仕事の話題にならないよう願っていますが、日頃疎遠な親戚との話題は乏しく、向こうも仕事のことを聞くぐらいしか話題がないだろうと思います。

子供が小さい頃であれば、話題と視線は子供に集中して、姪っ子の旦那なんて視界に入っていなかったと思うのですが、さすがに子供も成人すると、その手段も使えません。
あとはなるべく気配を消して、自分の話題にならないようにするだけです。

自分では決して適当に早期退職したわけでなく、十分に計画して、ある程度資産も用意して実行したつもりですが、いくら説明しようが親戚から見れば、多分妻に働かせてブラブラしているろくでなしの旦那と思われるでしょう。
さすがに親戚のおじさんやおばさんに「貯金が○○万円あって、○○歳まで絶対大丈夫なんです。なのでリタイアしました。」なんて言ってもしょうがありません。

アーリーリタイア生活者にとって親戚の目が一番厄介ですが、正月やお盆、法事や冠婚葬祭、どうしても逃げるわけにはいかず、顔を合わせないわけにはいけません。

今回、リタイアして初めての試練です。