こんにちは。「だいち」です。

ブログの更新がしばらく滞っていました。
義父が亡くなり、先週はずっと妻の故郷へ行っていました。

人が一人亡くなるというのは当然ながら大変なことです。
家族にとって悲しみの中、葬儀の手配に忙殺され、やっと葬儀を終えたと思えば、膨大な手続きの山が押し寄せてきます。

役所関係、銀行、保険、年金、公共料金、不動産、場合によっては相続税と、時間にリミットがある手続きも多くあります。

父を見送った後は、残された高齢の母をサポートしながら手続きを進めるのが子の務めだと思いますが、仕事を持っていると、いくら忌引き休暇があるとは言え、時間に限りがあります。
特にサラリーマンの場合、周囲への遠慮もあり、なかなか時間のやり繰りが大変です。

僕の場合も、昨年の今頃であれば、まだ仕事をしており、忙しい時期でもあったので、自分の親ならまだしも妻の親であれば、せいぜい通夜と告別式の2日休みを取って、急いで仕事に戻ることになっていたと思います。

今回はリタイアした身なので、誰への気兼ねもなく、家族と会社の板挟みになることもなく、義母と妻のサポートにたっぷり時間を使うことができました。

リタイアした自由な身、時間をすべて自分のために使える身のありがたさを感じる1週間でした。