こんにちは。「だいち」です。

アーリーリタイアするにあたってのお金の不安の正体の続きです。

僕のアーリーリタイア計画では、夫婦共にリタイアして、今まであった共働きの給与収入が全くなくなっても、今ある資産額を取り崩しながら、70歳までは生活していけるだろうという見込みでリタイアに踏み切りました。

今のところ、妻は働き続けることを望んでいるので、まだ妻の分の給与収入はあり、少しですが不動産収入を得ていますので、まだ今まであった資産を大きく取り崩すまでにはなっていません。

しかし、人生100年時代と騒がれる状況で、今まで貯めた資産だけで100歳まで生きていくことは、普通のサラリーマン家庭では絶対に不可能です。

僕のライフプランも当然ながら、年金支給ありきの計画です。
65歳から支給される予定の年金がなければ全く計画は成り立ちません。
今後生きていく上で必要となる資金の半分以上は、夫婦二人分の年金収入をあてにしています。

しかし、年金支給に関しては悪いニュースしか聞こえてきません。
国は大丈夫と言っても、巷では70歳支給や〇割減の話ばかりが聞こえてきます。

ライフプランシートを作成する上で、重要項目である年金支給額と支給開始時期が信用できないため、自分が作ったライフプランシートに自信を持てないのです。

僕のライフプランシートは、とりあえず、ねんきん定期便で提示されている額を65歳から支給される前提で作成していますが、70歳支給に悪化したバージョンも作成して、70歳までは今ある資産額で生きていけることを確認しています。

それでも、支給年齢引き上げと支給額削減の合わせ技で来られると耐えきれない不安があります。

これまで取り上げた個人の支出や介護施設の費用に関しては、ある意味自分が努力して勉強することで数字を出すことができますが、年金収入はねんきん定期便を丁寧に調べることくらいしか手がありません。

年金がいつからもらえて、いくらもらえるのかわからない。
国が大丈夫、大丈夫と言っても信用できない。
大丈夫と言いつつ、70歳まで働かせる環境を着々と準備している。

一番頼りにしている年金が信用できないことが、アーリーリタイアだろうが、定年退職だろうが、お金の不安の正体だと思います。