おはようございます。「だいち」です。

我が家には2人の子供がいます。
上の子は数年前に就職し、既に巣立って一人暮らしをしていますが、下の子は今年4月に就職予定で、来月末から一人暮らしを始める予定です。

先日、一人暮らしをするための賃貸マンションを探してきて、当然ですが敷金礼金、仲介手数料、前家賃、火災保険料、それから最近は保証料もかかり、なんやかんやで40万円強の費用がかかります。

アルバイトをしているとはいえ、学生が用意できる金額ではありません。
仕方がなく親である僕が出すことになりましたが、僕のライフプランシートには入っていない費用です。

昨年の春に1年分の学費を大学に納めて、これでやっと子供にかかる費用も終わったと思っていました。
しかし、夏に大学の研究発表で海外に行くために30万円近い出費があり、今回は40万円近い出費です。

海外への渡航費用は全くの想定外の費用でしたが、今回の賃貸マンションの契約費用はよく考えれば想定できた想定漏れの費用です。
出費自体よりも、自分のライフプランシートの精度に自信がなくなることの痛手が大きいです。

僕自身は就職時は独身寮に入ったので初期費用は不要でしたし、僕の兄弟、上の子も最初は会社の寮に入り同様でしたので、就職して住居の初期費用がかかることが頭に浮かびませんでした。

まだ2月というのに予備費の8割を使ってしまったのは痛いですが、資産額全体からすれば出せない額ではないので、必要な出費だと思うことにします。

子供といってもとっくに成人した大人なので、一応は「給料もらって貯金が貯まったら返せよ」とは言っていますが、子供のための最後の出費、就職祝い代わりです。

他人から見れば甘やかし過ぎと見えるかもしれませんが、自分の子となると、今の大人としての点ではなく、赤ん坊の頃からつながった線で見てしまうので、どうしても心配で甘やかしがちになってしまいます。そこが親のつらいところです。

今年から夫婦二人生活のライフプラン1年目、もう子供にかかる費用は不要と思っていましたが、いくつになっても親は親、子供は子供で、この後も結婚だの出産だの、子供のイベントが僕のライフプランシートをブレさせるのかもしれません。

普通に結婚して孫を見せてくれるのであれば、それはそれで嬉しいのですが・・・。