こんにちは。「だいち」です。

保有株が暴落しています。
最近は日中パソコンに張り付いて株価を見ることはあまりぜず、夜、ネット証券の口座の残高確認をするのを日課にしています。

日々の預かり資産残高を確認すると、この1カ月でプラスになった日は3月2日の1日のみで、他の日は全てマイナスになっています。
比較的に落ち着いていた1月前半に比べると、残高は2割減っています。

僕は投資の才能のなさを自覚しているので、株式投資に回している金額は資産全体からすればわずかな割合ですが、それでも2割の減少は数か月分の生活費に相当するので痛くないわけではありません。

これだけズルズルと下落しているので、一旦損切すればよかったのかもしれませんが、ほとんどがNISA口座に入っている高配当株だったり、優待目的で保有している銘柄なので、まあそのうちと思いながら静観していた結果がこの様です。

それでも、もし退職金を手にした時に調子に乗って、資産の3分の1とか半分を株式投資に割り当てていたらと想像すると、数年分のリタイア資金を失うことになっていたので、まだこれだけの損失で済んでよかった、自分は小心者でよかったと思っています。

本当は他の人のリタイアブログで投資で儲けた話なんかを読むと、自分もと心が揺さぶられるのですが、やはりリタイア生活で怖いのは想定外の減少です。

この株価暴落の痛みを忘れず、「増やさなくていい、計画通りに減らしていく」を肝に銘じて、自制したいと思います。