こんにちは。「だいち」です。

今朝も株価が大幅に下落し、日経平均は18000円どころか17000円もあっさり割って、マイナス1600円を超える下げ幅です。

過去に震災や〇〇ショックをいくつか見てきましたが、ここまでの下げ幅を見るのは初めてのような気がします。

これまでは震災を除き〇〇ショックが起きても、どこか他人事のような気がしていましたが、さすがにここまで急激に株価が悪化し、かつ世の中の空気が明らかに暗くなっているようで、世界的な大不況が来るのではないかと不安な気持ちになります。

既にリタイア生活をしている身なので、不況になって解雇される不安はないのですが、収入面で以前のようには稼げないので、何等かの影響で資産が減少した場合に働いてリカバリすることができない不安があります。

さらにライフプランを年金に依存しているので、この先株価暴落の影響が年金にどう響くのか、年金支給までの十数年で経済は回復するのか、バブル崩壊からの長い道のりを考えると年金に対する不安も募ります。

もう1つは金融機関に対する不安です。
リタイア生活に入り、収入がなくなると、今ある預金資産が精神的な安定の拠り所になっています。

しばらくなかったので、金融機関の破綻なんて意識することもなかったのですが、今一番恐ろしいのは預金を預けている銀行の破綻です。

今は目先のちょっとした金利差や特典につられて預金を預けていますが、預け先の精査や分散も考えておく時期かもしれません。

なんてことを書いている間に、下げ幅は1700円を超えていました。
もう持ち株は諦めて永久塩漬けでチビチビ配当を貰うことにします。