おはようございます。「だいち」です。

フルタイムの仕事を辞めて、セミリタイア生活を送っていると、新型コロナウィルスの影響による外出自粛もあまり肌身に感じることは少なかったのですが、最近は段々と身近に感じるようになってきました。

今春就職した子供は、新入社員研修も途中で打ち切られ、在宅勤務となったようです。
妻の職場でも今週から交代で在宅勤務が行われるため、週のうち半分は自宅で仕事をするようになります。

今月からパート仕事を始めた僕は、元々週2日と少ない上に、在宅で行うような内容でも仕事量でもないのですが、今週から自宅待機になりそうな雲行きです。

世間では外出できないことによるストレスを訴える声があるようですが、完全リタイア生活を1年間送った身からすると、外出自粛で自宅にいることは全く苦にはなりません。

この騒動前、1日1歩も外にでないことは、社会問題になっている「引きこもり」のようで、何となく駄目なことをしているようなプレッシャーがありましたが、今は外にでないことが善という価値観なので逆に気が楽になった気もします。

家に居れば居たで、やることはそれなりにあります。
最近取り組んでいるのは、家の中の整理と掃除です。

子供が就職で家を出ていったので、今、我が家では大きく生活形態が変わる節目の時期です。
この機会に、夫婦二人生活でいるもの、いらないものを仕分けて、いらないものは一気に捨てています。

それから、子供が家を出て、空き部屋ができたので、寝室とは別に夫婦それぞれの部屋を作りました。

10年以上住んで、今の家にも少し飽きてきたのですが、家具の配置を変えて、模様替えをしただけでも大分気分が変わり、同じ家でも新鮮な気分になりました。

何よりも、在宅勤務が始まる妻の部屋ができたので、妻の機嫌もよくなり、夫婦それぞれの部屋でそれぞれの時間が作れるので、今流行りのコロナ離婚から少し遠ざかれるのではないかと思っています。