こんにちは。「だいち」です。

またリタイア系ではなく、旅行の話です。

普段暮らす我が家からは、ほとんど眺望というものが望めないので、せめて旅行に出かけた時には眺めの良い部屋に泊まりたいと思っています。

好きな景色というものは人それぞれですが、僕が非日常を感じるのは海です。
太平洋や日本海のような一面の大海原というのもいいのですが、どちらかというと瀬戸内海のような島が浮かんでいたり、海の向こうに陸地が見えるような景色が好みです。

中国地方や四国地方を旅行する時には、やはり瀬戸内海が見える部屋を第一条件に探すので、今まで泊まった宿はどれも良かったのですが、その中でも僕の中で一番は、2015年の夏に旅した広島県大崎上島町の「きのえ温泉ホテル清風館」です。


広島県の呉に1泊した後、レンタカーで安芸灘とびしま海道の島々を経由しながら、橋で繋がっていない大崎上島には、大崎下島からフェリーで渡りました。

大崎上島は山田洋次監督の「東京家族」や「家族はつらいよ3」のロケ地になった場所で、清風館に監督や俳優さんが宿泊されていたようで、ロビーにはサインや写真が飾られていました。

宿泊したのは和室とツイン洋室のベットルームがある特別室です。

ツイン洋室
12畳和室
和室からの眺め
瀬戸内海と小さな島々

和室の障子を全開にすると、大きな絵というか、大画面のスクリーンを見ているようで、瀬戸内海と時々通る船を見ていると飽きることはありません。

この旅行は夏季休暇を取っての旅だったのですが、途中何度も職場からの面倒な電話やメールに邪魔され、その度に車を停めて、せっかくのとびしま海道を憂鬱な気分でドライブした苦い思い出があります。

次は誰にも邪魔されずスッキリした気分で訪れ、できれば2泊ぐらいして、のんびりと瀬戸内海の風景を楽しみたいです。