こんにちは。「だいち」です。

先日、市役所から今年度の固定資産税の納付通知書が送付されてきました。

昨年まで、固定資産税は銀行口座からの自動引き落としを利用していたのですが、今年から口座引き落としを止めて、納付書で納税することにしました。

サラリーマン時代はほとんど天引きなので何も考えていなかったのですが、リタイアして自分で住民税や所得税の予定納税をするようになり、納税の仕方で多少お得になることを知り、納税方法も意識するようになりました。

昨年は、コンビニのミニストップに行って、JALカードでWAONにチャージして、WAON払いで納税する方法でJALマイルを獲得しました。
例えば、10万円納税すれば1000マイルが貯まることになります。

今年は住民税と所得税の予定納税に加えて、固定資産税もその方法でマイルを獲得しようと思っていたのですが、残念ながらWAONによる納税は廃止になってしまいました。

第1期の固定資産税の納付期限が迫っていて、近所の郵便局にでも納付しに行かなければと思っていたのですが、納付書の説明をよく読むと、PayPayやLINEペイのようなスマホ決済でも納税ができるようになったようです。

今までPayPayもLINEペイも利用したことがなかったのですが、近所では圧倒的にPayPayの店舗が多いので、迷わずPayPayを選ぶことにしました。

PayPayの場合、請求書払いというサービスで納付書に印刷されたバーコードを読み取ることで納付でき、さらにポイント還元もあるようなので少しお得です。

まずはスマホにPayPayのアプリをインストールして、銀行口座を登録します。
そして、今回は2軒分で2万ちょっとの額を納税するので3万円をチャージし、早速納付書のバーコードを読み込んで支払いボタンを押すと、あっという間に完了です。

履歴には支払額と還元額が表示され、2軒分の固定資産税で2万ちょっとを納付し、PayPayの還元が0.5%なので、合計で約100円分の還元です。

額としては非常に少ないですが、定期預金の利率なんかを考えると、0.5%という数字は大きく感じますし、住民税や国民健康保険税、残りの固定資産税を考えると結構な金額になるので、還元額もそこそこの金額になります。

何よりも、ここしばらく腰が痛くて外出が辛かったので、コンビニや金融機関の窓口に行かなくても納税できたのは非常に助かりました。