こんにちは。「だいち」です。

僕が住む地域でも日中は30度を超える日もあり、もう半袖でいい季節になりました。

昨日、衣替えをしていて思ったのですが、リタイアしてから服をほとんど買っていません。
もちろん下着や靴下などの消耗品に近いものは買い替えているのですが、昨年買ったのはポロシャツを1枚、それもオンラインストアのポイント期限が迫っていたので、ポイントを使うために無理くり買ったものです。

特に意識して節約していたわけではありませんが、セミリタイア生活では出かける機会も少なく、暖かい季節であれば、Tシャツとジーンズかチノパンがあれば十分です。

ちょっと電車に乗って遠出するような場合はTシャツではちょっとと思うのですが、それでもリタイア前から持っている服で十分です。

サラリーマンをしていれば、スーツ、ネクタイ、ワイシャツ、革靴は必須ですし、最近はクールビズで夏の間は上着やネクタイがいらなくなりましたが、それでもクールビズ用のワイシャツやズボンは必要で、それに合わせた靴なんかも買いそろえる必要がありました。

他にクリーニング代なんかも必要ですし、サラリーマンをしていると服にかかる費用は結構な額になります。

サラリーマンを辞めて、一番大きく減った出費は飲み会などの交際費ですが、衣服にかかる費用というのも結構減ってしまうものだと感じています。

服に関しては、趣味やライフスタイルによって人それぞれかもしれませんが、僕の場合は他人が見て不快にならない程度であれば特にこだわりはないので、今後も衣服に関する出費が増えることはなさそうです。

リタイアすると当然収入は大きく減ってしまうのですが、交際費や衣服費などのように大きく支出が減るものもあります。
あらためてサラリーマンを続けるために使っていたお金も大きかったと感じています。