こんにちは。「だいち」です。

僕がいつからセミリタイアの世界に興味を持ち始めたのか忘れてしまったのですが、具体的に他の人のブログを見たりし始めたのは40代前半の頃だったと思います。

他の方のリタイア系のブログを見ていると、20代後半から30代でリタイアを実行している人がいて、羨ましく思っていました。

若くしてリタイアされている方の1つは投資で成功して、一生食べていける資産を築いた人達です。
僕も株に手を出してみましたが、結果は逆に資産を減らして、リタイアを遠のかせることになってしまいました。

もう1つは節約系で、資産額はそれほどでなくても、支出を極限まで減らしてリタイアする形です。
これは単身の方が多いように感じますが、妻子持ちが節約するには限度があって、やり過ぎれば家庭崩壊なんてこともあり得るので、僕にはこの形は取れませんし、節約系は僕の望むセミリタイア生活とも違います。

結果的に、平凡なサラリーマンである僕がセミリタイアするにはコツコツと資産を積み上げるしかなく、共働きだったことのメリットを生かして、やっと50歳で資産的には何とかなると思える金額に達しました。

お金の面ではもう一つ年金です。サラリーマンを30年近く続けていれば、夫婦二人で生活できるくらいの年金額も確保できます。
また大きな出費の一つである教育費や子供にかかる支出が終わっているので、年金額や生活費が具体的に計算することができ、将来のセミリタイア生活の見通しも立てやすくなります。

家族との関係で言えば、僕は20代で結婚し子供ができたので、50歳になる時に子供たちは成人し、大学も卒業していました。
これが40代であれば、「これから学費がかかるのに何を自分勝手な」と家族も許さなかっただろうし、周囲からもそう思われていたでしょう。

僕の場合、50歳になって、もう子供たちも大学まで出して、一応親の務めはきちんと果たしたことで、妻や両親、義両親の中にも「まあ後は好きにやっていいんじゃない」という雰囲気が出てきて、身内の許しを得ることができたと思っています。

自分としても、そこそこのところに就職して30年近く働き、結婚して子供も大学まで出して、家も建てて、ある程度の貯蓄もして、昭和的な価値観で言えば、大人の男の義務的なものは最低限やったという気持ちがあります。

セミリタイアに適齢期があるのだろうかと考えた時に、家族構成や生活スタイル、人生観が人それぞれ違うので、いつが適齢期とは一概には言えませんが、僕の場合50歳が一番タイミングよくリタイアできる時期だったと思っています。

40代であれば、やるべきことを完全に終えていない後ろめたさを感じたかもしれませんし、50代後半であれば、もう数年頑張れば定年と思って、アーリーリタイアすることに躊躇するだろうし、2~3年であれば早く辞める意味があるのかとも思います。

60代、70代になった時には別の見方をするかもしれませんが、今は50歳が僕にとってのセミリタイア適齢期だったと思っています。