こんにちは。「だいち」です。

僕は昨年3月末に早期退職してから、1年間は全く仕事をしない完全リタイア生活を送った後、現在は少しだけパート仕事をして、セミリタイア生活を送っています。

セミリタイア生活ではドキドキするとか心躍るような出来事はないのですが、逆にストレスに感じることや心から嫌だと思うこともほとんどありません。

仕事をしていた頃は、やりたくないことや嫌だと思うことが日々降ってきました。
片付けても片付けても、すぐに次々貯まって、心が穏やかになる暇がない感じで、まあそれも生活するため、お金のため、仕事だから仕方がないと自分に言い聞かせていました。

リタイアして、心の9割以上を占めていた仕事というものがなくなったので、今のストレスフリーな生活は当然の結果とも言えます。

その仕事をしなくてもいいアーリーリタイアが出来たのは、ある程度お金が貯まり、もう生活のため、お金のためだけに働かなくても大丈夫な状況が出来たからです。

「お金」と言うものを考えた時に、欲しいものを手に入れることができる機能とやりたいことができる機能、やりたくないことをやらなくていい機能があると思っています。

僕の場合は、貯めたお金を何に使うかと考えた時に、やりたくないことをやらなくていい方にお金を使いたくて、結果としてアーリーリタイアしました。

満員電車に乗りたくないし、転勤もしたくない、義務的な飲み会も行きたくない、休日に仕事の電話を受けたくない等々、アーリーリタイアして、それらの嫌なことは全てしなくてよくなりました。

いっぱい稼いで、欲しいものをたくさん手に入れて、やりたいことを全てやる人生を否定はしませんが、僕はアーリーリタイアという自分の選択に、今のところ満足しています。

ただし、貯めるだけ貯めて、何にも使わないという人生にはちょっと賛同できないかなぁ・・・。