こんにちは。「だいち」です。

僕は50歳で早期退職してセミリタイア生活を送っていますが、アーリーリタイアを夢見て妄想していた頃に、リタイアしたらやってみたいなと思っていたことがあります。

それは特に固い決意で起業をするとか、何か資格を取るとか、そんな大層なことではありません。
もっと簡単で、くだらない部類のものです。

例えば、朝起きて、すごく天気がいいと思ったら、パッと準備して旅行に行くのが1つです。
数時間後には目的地に立っているような旅です。

元々の性格が何事も慎重に計画を立ててから行動するタイプなので、旅行なんかも色々調べて、事前に予約して行くのが、僕の今までの行動でした。

そんな旅行なんで、スケジュール優先で雨の中を観光して、せっかくの絶景地で景色は見えずなんて、苦行のような旅行になることもしばしばです。
サラリーマンの少ない休日で旅行しようと思えば、仕方ないことでもあります。

天気優先で思いつきの旅なんて、どっかの自動車メーカーのCMみたいで爽快だろうなと妄想します。

もう1つはさらにくだらない内容ですが、朝の通勤ラッシュ時間帯に下り電車に乗って、終点まで行くことです。

サラリーマン生活をしていれば、仕事に行きたくないと思うことは1度や2度ではありませんでした。
そんな時に、朝の駅で空いている下り電車に乗ってしまえたらなと考えることがありました。

でも、それをやってしまった後に降りかかる面倒を考えれば、当然実行できるわけもなく、いつもの上り電車に乗って会社に向かうのです。

しかし、同じようなことを考える人がいるもので、しばらくしてテレビ東京で「逆向き列車」という番組が放送されました。

レポーターの芸能人が、朝の駅で通勤客に話かけて、「会社とは逆方向の電車に乗って、どこか行きませんか」と誘うものです。
普通のサラリーマンにとって、病気でもないのに当日の朝、突然休むなんて無理な話で、当然レポーターは苦戦します。

セミリタイア生活に入った今、旅行も下り電車もどちらも、やろうと思えばいつでもできるはずなのですが、実際にはなかなかやれません。
僕の実行力のなさもあるのですが、やはり働いている妻への遠慮もあり、いくら仕事がないとは言え、自分だけ勝手気ままな行動はしづらいのです。

セミリタイアを許してくれた妻も、さすがに一人で旅行に行けば怒り出すでしょうね。