こんにちは。「だいち」です。

僕は昨年3月末にアーリーリタイアし、丸々1年間完全リタイア生活を送りましたが、今年4月からは少しパート仕事をして、セミリタイア生活を送っています。

セミリタイア生活とは言っても、優雅に読書と映画三昧な毎日というわけにはいきません。
特に我が家の場合は、妻がまだフルタイムで働いてくれているので、掃除、洗濯、食器洗いなどの家事は僕の分担として担っています。

昭和の価値観が色濃く残った世代なので、50代のオッサンがせっせと家事に励む姿は憐れに映るかもしれませんが、僕にはその辺の変なプライドはありません。
前の仕事に比べれば楽なもんだくらいに思って、毎日せっせと家事に励みます。

家事もいかにスピーディかつクオリティを上げて、自己満足に浸りつつ、自分の時間を確保するか考えながらやると楽しいものです。

夫婦仲の方も、以前働いて収入を得ていたころよりも、家事を頑張っている今の方が良くなったような気がします。

パート仕事の方も、リタイアした直後は、わずかな時給のために時間を奪われて、今さら他人に偉そうにこき使われるのは嫌だと正直思っていました。

しかし、運よくいいパート仕事が見つかったのもあるのですが、一歩踏み出して、実際にやってみると、年齢なりの扱いはしてくれるし、心配したようなことはなく、快適に働かせてもらっています。

リタイア前の収入や仕事内容と比べれば、他人の目には落ちぶれたように見えるかもしれませんが、そんな他人の目を気にしたプライドもすっかり薄れてしまいました。
変なプライドに対して、1年間の完全リタイアがよい冷却期間になったと思います。

当然、時には雑用のような仕事を頼まれることもあるので、もし変なプライドを持ち続けていれば気持ち的にきついかもしれませんが、そんな変なプライドを捨ててしまえば、今の仕事の雑用なんて楽な仕事で、それでお金を貰えてラッキーとさえ思えます。

定年退職にしろ、アーリーリタイアにしろ、以前の会社名や地位、仕事内容にまつわるプライドを早く捨て去ってしまえば、案外家庭生活も新しい仕事も上手くいくのではないかと思います。