こんにちは。「だいち」です。

アーリーリタイアした直後、ある程度自分の中で決め事をしておかないと、ズルズルと堕落した生活に落ちていく気がしていたので、いくつかマイルールを作っていました。

そのうちの1つは、日中にベッドに近づかないということです。
ベッドに近づけば、ダラダラと昼寝をしてしまうのがわかっていたからです。

しかし、最近ちょっと悪循環に陥って、簡単にマイルールを破ってしまう日が続いています。
悪循環の元凶は夜更かしです。

リタイア前の仕事をしていた頃は、次の日のことを考えて、意識して早く寝るようにしていましたし、何よりも仕事で疲れているので、夕食が終われば眠くて眠くて、自然に早寝の習慣が身についていました。

しかし、リタイア後、特に最近は次の日の縛りがないことに慣れて、すっかり緊張感がなくなっています。
以前はどんなに遅くても午前0時には寝ていたのが、本を読んでいたりするとズルズルと1時2時と夜更かしをしてしまいます。

そして、例え2時まで起きていたとしても、6時か7時には起きますので、当然睡眠時間が足らずに日中に強烈な眠気に襲われるのです。

昨夜も、読みかけの本が面白くて、2時ちょっと前まで読書を途中で止めれず、それでも6時には起きて、雨が降っていたので仕事に行く妻を車で送り、家事を済ませて、ハンモックに揺られながらまた読書と思ったら、多分30分も経たずに眠りに落ちたようです。

結局、時計を見れば1時間以上午前中から昼寝をしてしまいました。
夜更かし、昼寝、夜眠くない、夜更かしという悪循環です。
何より無意識に昼寝をしてしまった時に、「これではセミリタイアじゃなくて、ただの中年ひきこもりオヤジではないか」と強烈な自己嫌悪に襲われます。

15分くらいの昼寝は身体にいいとも聞くので、いっそ開き直って、目覚ましをしっかりかけて、15分間の昼寝を習慣にしてしまおうかとも思いはじめました。