こんにちは。「だいち」です。

昨日、リタイア生活2年目の国民健康保険税の納付書が届きました。
今年3月までは前の勤め先の健康保険に任意継続で加入していたので、国民健康保険に加入するのは初めてです。

2月に確定申告を済ませて、昨年の所得が確定したので、市のホームページで国民健康保険税の見込額を試算していたので、おおまかな額は把握していたのですが、納付書に記載された年額は見込みどおり、約22万円でした。

昨年は不動産所得に加えて、退職前の1月から3月の給与所得があったので、最終的なリタイア生活の額にはなっていませんが、昨年納めた任意継続の健康保険料が50万円を超えていたことに比べれば、半額以下と随分と安くなっています。

しかし、セミリタイア生活を送る今の収入から考えると、22万円という金額は正直高いなと思ってしまいます。
保険という役割を考えると、そんなことを考えても仕方がないとは思いつつも、自分が使う医療費に国民健康保険の人間ドック補助金を加えても、僕が使うのは年にせいぜい5万円ほどです。

リタイア前のサラリーマン時代はもっと高い金額を払っていたはずですが、天引きという魔法で全く痛みを感じることはありませんでした。

リタイアすると、健康保険料に限らず、税金、年金と直接向き合うことになり、自分で事務処理を行い、自分の財布から直接出ていくことで、金額は下がっても、出費の痛みをより感じることになります。

そういうこともリタイアして経験できる良いことの1つかもしれません。