こんにちは。「だいち」です。

今年、妻の父である義父が亡くなり、相続財産の中に株や投資信託がありました。
義母や妻の兄弟が相続人なので、当然僕には全く関係のない資産ですが、手続きを手伝っていた関係上、半年近く株価や投資信託の基準価額を毎日見ていました。

その株や投資信託も義父の遺言どおり、手続きの準備が整った先月下旬に換金したので、もう株価や基準価額を見る必要もなくなったと言うか、意識して見ないようにしていたのですが、Yahooファイナンスに登録した情報は残ったままだったのに気づき、つい見てしまいました。

金額的には9割近くを占める投資信託は、コロナショックの影響で一時期買値よりも2割近い含み損を抱えていたのですが、米国株が中心の投資信託だったこともあり、その後急回復し、逆に2割近い利益を得て換金することができました。

結果的に、義母が普通に2~3年暮らせそうなくらいの利益を得られたので、まあまあ上出来だと思える終わり方だった思っていました。
それに義父の遺言どおりに行動していれば、後で上がっても下がっても後悔はないだろうと自分達に言い聞かせていたのです。

そして、換金が済んでから約1カ月経った結果、主力の投資信託は米国NASDAQが好調な影響もあり、今週末の時点で換金時よりも更に約7%値上がりしていました。
金額的には義母の1年間の生活費になりそうな額です。

上昇基調だったので、本心ではまだまだ上がりそうと思っていたので、「う~ん、早まったかな」と言うのが正直な気持ちです。

今更ながら自分の欲深い本性を思い知らされます。
僕には一銭も入ってこないのに・・・。