こんにちは。「だいち」です。

やっと梅雨が明けて、晴天の日が多くなり、連日30度を超える暑さになると、電車通勤の蒸し暑い車内の苦痛が思い出されます。

アーリーリタイアして、つくづく良かったと思うのは通勤がなくなったことです。
きっと在宅勤務、リモートワークを数カ月味わった人は、元の通勤ありの生活に戻るのが大変なんだろうなと想像してしまいます。

僕も短い時で往復1時間、長いと往復3時間ぐらいを通勤時間に費やしていましたが、給料にも反映されず、そして体力を激しく消耗する本当に無駄な時間だったと思います。

20代の頃、山手線の朝のラッシュを初めて経験した時には、これが毎日続くのかと絶望的な気分になりましたが、中にはこれを定年まで続ける人がいるのだと考えると、数年で転勤のある自分はまだましな方だと思えました。

今は週に2日ほどパート仕事をしているので、当然通勤は発生しますが、自宅から徒歩10分もかからない距離なので、この暑さでも大して汗をかくこともなく、通勤の苦痛を感じることはありません。

一度、電車通勤のない生活を味わうと、通勤がもう以前のようには二度と働けないと思ってしまう一つの要因になっています。