こんにちは。「だいち」です。

現在、僕は自家用車を所有していません。
以前、20代の頃に購入した戸建住宅に住んでいた頃は、駅からも遠い立地で、子供達もまだ小さかったので、車を持たない生活はとても考えられませんでした。

やがて子供達も成長して、電車通学をするようになり、駅近のマンションに引越すと、買い物も徒歩で十分なので、車に乗る機会はほとんどなくなってしまいました。

その頃乗っていた車が新車で買ってから12年経っていて、そろそろ買い替えの時期でしたが、ほとんど必要性を感じなくなった車に数百万円の出費をすることがもったいなくなりました。

ちょうどマンションの目の前に、当時出だしたばかりのタイムズカーシェアリングが2台設置されたのを見つけて、車を手放して、車を所有しない生活に変える決心がつきました。

そして、車を手放してから10年が経過しましたが、その間にカーシェアリングのスポットが増えて、我が家から徒歩3分以内に4か所12台、徒歩10分まで広げれば6か所のスポットが使えるようになり、使いたいのに使えない状況は、今まで経験したことがありません。

何よりも、今までほとんど使わない車のためにかけていた経費が大幅に節約できました。
車を持っていた頃に支払っていた経費から推測すると、この10年間で節約できた経費は以下のとおりです。

駐車場代   132万円
自動車税   39万5千円
任意保険   32万円
車検代    42万円
ガソリン代  60万円
清掃、メンテ 30万円
合計     335万5千円

10年間で約335万円の経費が車のために必要だったことになります。
もし車を所有し続ける判断をしていれば、同程度の車に買い替えるとして、約250万円の購入費用が必要だったので、それも合わせると、585万円が必要だったことになります。

それに対して、カーシェアリングの出費は多く見積もっても、年2万円程度、10年間で20万円程度です。
結果として、あくまで仮定ですが、10年間で565万円節約できたと推測できます。

車を単なる移動のための道具として捉えるか、 趣味の道具、またはステータスや心の満足度を高める道具と捉えるかは人それぞれなので、単純に車は持たない方がいいとは言えません。
しかし、僕のように車に対してそれほど思い入れもなく、所有欲のない人間にとっては節約効果は大きいと言えます。