こんにちは。「だいち」です。

よく言われる家計における大きな出費の1つは教育費です。
我が家も2人子供を育てましたので、教育費の重さは身にしみて実感しています。

中学高校は2人とも私立に通いましたので、学費や交通費を考えると、1人あたり年間100万円ぐらいかかりました。
その後、上の子は国公立大学に進学したので年100万円、下の子は私立理系の大学で年200万円、下の子はさらに2年間大学院に通い、年100万円かかりましたので、中学以降の2人分でざっくりと2600万円かかったことになります。

もちろん子供を育てるためには教育費だけでなく、ご飯を食べさせ、服やおもちゃを買い、病院に連れていき、遊びや旅行に連れていきと、いろいろお金がかかります。

たくさんのリタイア系ブログを拝見する中でも思うのは、実際にアーリーリタイアを実現された方は、独身や夫婦のみの世帯の方が多く、全く皆無ではありませんが、子持ち世帯、それも配偶者が専業主婦(主夫)の世帯の方は非常に少なく思います。

アーリーリタイア実現のためには、10年、20年と暮らしていける多額の資金が必要であり、その資金を貯める上で、子育てにかかる費用は大きな負担です。
やはり子持ち世帯にとってアーリーリタイアは難しいのかと考えさせられます。

我が家の場合はフルタイムの共働きだったので、2人分の収入を得ることで何とかなりましたが、もしシングルインカムならば、投資の才能もない僕にはアーリーリタイアなんて夢のまた夢で、老後2000万円不足問題のクリアさえ難しかったかもしれません。

もちろん子供が与えてくれる楽しみや喜びはお金と比較できるものではありませんが、普通のサラリーマンにとって、家族を養いながら、節約でリタイア資金を貯めるには限度があります。

残された投資の道も一歩間違えば、大きな落とし穴に転落して、再度はい上がれないかもしれません。

可能性はゼロでないにしても、いずれの道も険しいというのが現実です。