こんにちは。「だいち」です。

今も年賀状のやり取りをしている高校時代の恩師がブログをやっていると知り、時々拝見しています。
高校時代はその恩師が結婚しているのかどうかさえ知りませんでしたが、ブログを拝見するうちに、夫、父、祖父という教師以外の顔が徐々に見えてくると同時に、公立高校を退職した教師のリアルな老後の生活というものが見えてきます。

ブログを拝見してわかったのは、恩師の奥様も元教師で既に定年退職されていて、お二人のお子さんも既に結婚して、何人かお孫さんもいらっしゃるようです。

数年前に家も建て替えて、立派な住まいで暮らし、夫婦で年に何度か海外旅行に出かけ、毎月のように国内旅行にも出かけてと、羨ましいような旅行三昧の日々を送られています。
日々の買い物や食事、外食するにもお金に対する躊躇がないような暮らしぶりです。

家族関係も良好で、特に金銭的にはかなり余裕がある老後を送っておられるようで、誰もが憧れるような理想的な老後を実現されているようです。

他人の懐事情を勝手に想像して下品かもしれませんが、夫婦で教師という公務員を定年まで続けていれば、十分な資産を蓄えることができ、加えて恵まれた公務員の年金を2人分で、金銭的にかなり余裕のある老後を送られていると想像できます。

恩師は校長や教頭という出世には縁がなかったようですが、当時としては数少ない女性が仕事を続けやすい職種である教師を伴侶にされた幸運と、ずっとダブルインカムを続けられたのが豊かな老後につながっているのだと思います。

普通のサラリーマンや公務員は多少出世したところで昇給額はしれています。
中途半端な中間管理職だと残業代が出ない分、逆に平の時よりも手取りが減るという謎の現象が発生したりもします。

ブログを通じて、恩師の老後を垣間見ることで、もしダブルインカムのチャンスを掴んだら、下手に出世を目指すよりも、いかにダブルインカムを継続できる環境を保ち続けるかに注力した方が、はるかに豊かな老後が待っていると感じました。

もちろん人生お金だけではありませんが・・・。