こんにちは。「だいち」です。

このブログでも何度か書いていますが、僕のリタイア資金はダブルインカムで地道に貯めたものです。
アーリーリタイアの王道とも言える投資に関して、僕には全く才能がなく、逆に数年遅らせるぐらいの損失を出す残念な結果になりました。

結婚直後からアーリーリタイアを目指して、節約に励んで質素な暮らしをしたつもりは決してないのですが、20年以上前の社会環境での出産や子育てをしながらの共働きは、いつ突然の終わりが来るかわからないという気持ちがあったので、常に僕一人分の給料で生活できるようには心がけていました。

実際には途中で気の緩みが出て、株に手を出したり、教育費をかけすぎたり、ダブルインカムゆえの出費があったりで、1人分の収入を丸々貯蓄できたわけではありませんが、それなりに余裕のある生活が出来て、アーリーリタイアを考えられるぐらいの貯蓄ができました。

ここからは一般的な話ではなく、僕の身近に限られた狭い範囲の話ですが、僕の元勤め先は待遇や人事に関して、全く男女平等でしたので、女性が結婚や出産をしても働き続けるのが当たり前で、稀に辞める人がいると、「え、なんで?」というような雰囲気になるぐらいでした。
職場結婚するカップルもそこそこいて、特に20代、30代は共働きのダブルインカム世帯が多かった印象があります。

パワーカップルなんて言葉も最近はあるようですが、20代はまだしも30代半ばにもなれば給与水準も上がって、シングルインカムの50代部長なんかより、ダブルインカムの30代平の方が余程世帯収入は多く、余裕がある豊かな生活を送って、2人分の年金で先々の老後も安泰だと思います。

世間でも若い世代は出世に興味がないとか、管理職になりたくないという話を聞くことがありますが、僕の元勤め先でも面談や異動希望調査を通じて、その気配は感じていました。
日頃から管理職の報われない大変さを目にしていれば、中途半端に出世して、中間管理職で苦労して給料を多少上げるよりも、ダブルインカムを続けやすい環境を維持する方が得だと考えるのは当然だと思います。

仕事はお金のためだけにするのではないという批判もあるかもしれませんが、少なくとも生活できるだけのお金を確保することで、自分達の人生の選択権を持てることのメリットは大きいと思います。